未分類

毎日のウォーキングで得られる効果とは “

運動不足を解消するために始めた「ウォーキング」ですが体や心に様々な効果をもたらしてくれました。
まず、歩くことで体の血流がよくなりむくみが改善します。
デスクワークの仕事をしていることもあり下半身が特にむくみやすかったのですが、ウォーキングを始めたからはふくらはぎのあたりもすっきりとしました。
「むくみやすいのは生まれつきの体質だから仕方がない」とあきらめていたのですが、実は運動不足が原因だったようです。
この経験から、度重なる運動不足は「体にとって良くないことなんだ」と実感しました。
たしかに、学生時代には陸上部に所属していることもあって、毎日運動することが日常となっており、こうしたトラブルとは無縁だったような気がします。
しかし、大人になるにつれて「運動する」ということは意識していないとなかなかできないものになってくるようです。
また、毎日、一時間から一時間半ぐらい歩いているのですが、歩き終わった後には冬場の寒い季節であっても汗が出るのでデトックス効果も抜群です。
汗をかくことで気持ちまですっきりとしてきます。
ウォーキングは、一定のリズムを刻むことで脳のセロトニンというホルモンの分泌を促進することもできます。
セロトニンが多くできると「幸せ」を感じやすくなるのでストレスとは無縁の生活を送ることも可能です。
何より、ウォーキングはほかのスポーツや運動と違いコストがかからないのが最大の魅力と言えるでしょう。

おすすめサイト